オーガニック・コットン製品

アメリカテキサス州で収穫された
オーガニックコットン使用
オーガニックコットンのオーダーカーテン

オーガニック・コットン(有機栽培綿)とは、3年間農薬や化学肥料を使わないで栽培された農地で、農薬や化学肥料を使わないで生産された綿花のことです。栽培に使われる農薬・肥料については厳格な基準が設けられており、認証機関が実地検査を行っています。
オーガニック・コットンは、紡績、織布、ニット、染色加工、縫製などの製造工程を経て、最終製品となります。この製造全工程を通じて、化学薬品による環境負荷を最小限に減らして製造したものを、オーガニック・コットン製品といいます。

無農薬の畑で作られたコットン

コットンを育てるには、現在非常に大量の農薬が使われています。害虫を防ぐのはもちろん、コットンを収穫するためには、コットンの木の葉っぱを落さなくてはいけないので、そのための農薬なども必要だからです。もちろん、使われる農薬には国ごとに厳しい規制が設けられていますが、それでも土地に与える影響は多大です。
オーガニックとは、有機栽培のこと。オーガニックコットンというのは、無農薬の畑で作られたコットンのことなのです。
一般的に、土中から農薬の影響が消えるのに約3年かかると言われています。ですから、オーガニックコットンを作ろうと決めた農家は、まず3年間、農薬を使わない土地を用意し、それからやっと「オーガニックコットン」と呼ばれる綿を出荷できるようになるのです。

オーガニックコットンの特徴

なんといっても、オーガニックコットンの最大の特徴は、化学薬品による油分除去をしないために油分が残っていて、使い始めは吸収性が悪く感じるほどですが、その分優しい風合いが使うごと楽しめ、ふわふわ感が持続します。
オーガニックコットンは化学薬品による化学処理のため繊維の組織が痛んでいないため、とても長持ちします。
またその意味で生地の表面は傷みがなく、風合いのすばらしさ、綿であるのに厚手の物は保湿性もありさらっとした着心地です。このように、化学薬品を一切使わずに作ってできあがった製品は、結果的に肌の弱い方や、アレルギー症、化学物質過敏症の方などに安全な衣料として受け入れられているのです。

スポンサードリンク

オーガニックコットン取り扱い方

オーガニックコットンは化学的に強化されたもの以外、一般の綿製品と丈夫さの点で決して劣ることはありません。オーガニックコットンは、繊維が化学処理により傷められていないので繊維が劣化しにくく、長く快適に使用できます。
オーガニックコットンの商品を最初に使うときは、綿の油分が製品に残っているので、一度60℃以上のお湯で洗ってください。すると綿本来の油分がとれて、より吸水性がよくなります。